細かなことも忘れずに!きちんと対応してもらうには

もっとあると有利に!

ここからは、具体的な案件を用いて準備すべきものをそれぞれお教えします。
まず、相談の行く前に、弁護士さんにアポを取っておきましょう。
ペンや免許証なども身分証明書も忘れずに。

もし、あなたがパートナーと離婚することになってしまった時。
「より良い条件で離婚したい!」
弁護士によって異なりますが、その弁護士事務所の規定の相談カードを渡される場合があります。
これに必要事項を記入しておきましょう。
この場合でも、「メモ」は役立ちます。
あなたが離婚をする時にかなえてほしい要望について考えたことをメモしておいたり、もし要望はないんだよね、という場合でも、その旨を弁護士に伝え忘れないようにメモを準備しておくことをおすすめします。

他に、何を準備すれば良い?

次に、準備しておくとより良いものは、あなたの抱えている問題の出来事を時間順に並べたメモです。
何が発端でその問題が発生し、今までの間どのようなことが起こり、現在はどのような状況なのかをなるべく詳細に書いておくと、弁護士さんもあなたに合った対処を考えやすくなり、問題解決に一歩踏み出すことができます。

また、初回に相談した弁護士さんが話しやすい、なんでも聞きやすいなど、あなたにあっていて、これからの相談もその人にやってもらいたいという場合は、その旨をきちんと伝えておきましょう。
やはり、あなたにあう弁護士さんは十人十色。
もしあなたにあわないような弁護士さんと問題解決を図る場合、新たなにつらいことが起きてしまうかもしれません。


B!