弁護士相談ってどんなときにするの?

これは必ず!一番必要な準備

まず、あなたが弁護士さんに相談に行く際、必ず準備すべきものとして、「メモ」はかかせません。
「え、メモ?」と思われる方もいるでしょう。
メモって、大事ですよ。

何らかの深刻な問題を全くの赤の他人に話して、内容を理解してもらい、対策を考えてもらうためには、あなたが今、どんな状況で、どんなふうに困っているのかを確実に知ってもらうことが必要です。
しどろもどろの説明では内容が伝わりませんし、緊張してしまって話せなくなってしまう方もいるでしょう。

メモに、今どんな状況か、どんなことに困っているのか、どのようにしてほしいのかを「メモ」しておけば、弁護士さんと対面した際でも分かりやすく述べることができます。
さらに、書きだすことで、あなた自身の不安を和らげることもできますよ。

これもあると相談しやすい!

さらに、準備すると良いものとして、何らかの「証拠」です。
あなたが相手から被害を受けた際は、「証拠」を手元に残しておくようにしましょう。

例えば、ストーカー被害にあっていた。
警察によって相手はなんとかしてもらえたが、精神的な苦痛を受けたから、弁護士に相談したい時。
ストーカーから送られてきたメールや手紙など、そのようなものを残しておきましょう。
また、メールなどは印刷しておくと、弁護士さんが読みやすくなります。
いちいち携帯を出して見せていると、手間も時間もかかりますからね。

また、有効な証拠として、日記もあります。
ボールペンなど修正が効かないもので日付、されたことなどを書いておきましょう。
のちのち、証拠として提示できる場合があります。


B!